被災者にならないための避難用品月間

首都圏に、ひとたび大災害が発生しますと、多くの人が被災者となります。自治体の機能は低下し飲料水、食料品の供給は発災3日間程度は不足すると予想されます。避難所は人口と対比して数が不足することは確実でしょう。そこで自宅避難の必需品を紹介致します。

トピック


危機管理コラム